スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

菜の花畑の鶏ごぼう

どうやら、最近のベクトルは料理とガラスの仮面に向いてるようです。

料理はレシピを見ないと作れません。
私には基礎がありません。
しかも、母親からまともに料理を教わっていません。
恐らく味覚も変です。

というのも、母は「料理酒」「みりん」というものを使っていなかったからです。

私が実家で料理をしようとして
「お母さん、お酒は?」
と聞いたら
「ごめん!無い」

「えっ」

味付けはずっと「醤油と砂糖のみ」で肉も魚も煮ていたのでしょう。
それが分かったときに私の衝撃。

お袋の味は砂糖醤油。

そんな環境で育った私がお料理上手になるなんて、かなり険しい道のりです。
私が「おいしい」と思う味が果たして正しいのか。
まるっきり自信が無いのです。

一歩一歩頑張ります。

でも母の偉かった所は、どんなに忙しくても、お惣菜を使わなかったこと。
これは義母にも言えることで。
どれだけ子供たちに私の味を伝えることができるだろう。
レシピ本に頼らずに作れるように・・・なりたいな。

今夜の晩御飯は、

20090210_01.jpg

2週間前のももち浜ストアで、keiko先生が紹介していた「鶏ごぼうご飯」を作ってみました。

とても優しい味付けでした。
普段濃い味に慣れてると物足りないかな?というくらい。
栗原先生と対極の位置にあるのがkeiko先生のレシピのような気もしました。

鶏ごぼうごはんは、鶏の身と皮を分けて切り、身の方だけ炊飯します。
皮はフライパンでいためてその脂でごぼうをいため、味付けをします。
そして、炊き上がったご飯に混ぜるという方法。

keiko先生曰く、
「あっさり感とこってり感」
なんだそうです。

飾りつけは、ゆで卵の白身をみじん切り。そして黄身はみそこしでこします。

白身と黄身で菜の花。
そして周りに散らした菜の花が茎。
最後に一味をかけて完成です。
とても春らしいレシピでした。
夕方外出の予定があったので、炊飯器任せなのが嬉しいところ。

詳しくはももち浜ストアのサイトで確認してくださいね(*^^*)

レシピでは3合でしたが、今回倍の6合分作りました。
これでお弁当を作って、明日はドライブに・・・という流れに。

さてどこに行くのでしょう?寝なかったら明日のブログにて(*^^*)


20090210_02.jpg

今日も、息子は庭遊びに夢中。
砂場がなくても、土さえあれば満足なようです。
後が大変ですが・・・。


読まれた記念に応援のクリックをお願いします(*^^*)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/11 00:06 ] こどもと一緒に | TB(-) | CM(4)

私もお料理にハマリ中。
うちの場合は母が超料理上手なんだけど、感覚料理(計量しない)だから真似できなくて。
私はきっちり量りたい人間なので母とは別のタイプの料理を模索中です(´∀`)
しかし庭で泥遊びができるなんてとっても良いよね!
[ 2009/02/11 12:57 ] [ 編集 ]

>ミチコちゃん
ミチコちゃんはいろいろ料理してるよねー。
アイデアが豊富というか。
ちょこっとのコメントの中に料理ネタがあったりして助かってるよ(*^^*)
お互い、料理頑張ろうっ。
お母さん、感覚料理なんだ。おかん達ってそういう人が多いのかな。義母もそうなんだけど。
料理を数多くこなしていったら、いずれは本無しでも作れるんかなあ~。
別のタイプの料理。何か編み出したら教えて♪
庭。整備もしていないからわりと自然状態よ(^^;)
子供はおもちゃが無くっても平気なんだろうなあ
[ 2009/02/11 22:33 ] [ 編集 ]

おぉ!一緒。一緒。
私のお袋の味は塩と醤油(笑)
お酒を使ってくれと1年前に用意して指導中。
1年経ってるのにお酒減ってなーーい(´∀`)
[ 2009/02/11 22:37 ] [ 編集 ]

>memepiさん
えーっ。memepiさんちのお母さんもそうなんだ。
結構いるのかな。うちの家だけかと思ってたけど。
同じく、お酒、私が買ってきたものの、減ってないよ(^^;)
昔の人はある意味、シンプルな味付けなのかしらん。
[ 2009/02/11 22:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。