スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

笑いの精神で

父が入院後、初めての外泊。
4本脚の杖でなんとか歩けるまでに。


 私たちの感覚 → 生きるか死ぬかだったのにここまで回復してよかった
 父の感覚 → こんな体になってしまって不幸だ


このギャップがねぇ。さて・・どうしましょ。
この強力なマイナス思考で実家の空気がよどんでくるのが分かるのですが。

・・・いつの頃からか、深く考えることを拒否する癖がついてしまったのでしょうか。
一瞬悩んでも、あんなこと、こんなことはバッサリ切り捨て(るイメージ)

結局 「人は人」 と。

youtubeで笑点の大喜利を見て気分転換しました。
いつかしわ寄せきそうだ。
まあ、家族に一人くらいこんな人がいてもいいでしょう。

やっぱり笑うって大切です!


今日は、久しぶりにPUFFINSさんへ行ってきました^^
いつものことながら、おしゃべりに花が咲き・・・。
商品を見る時間とおしゃべりをしている時間、どっちが多いでしょう。
ここは私の癒しの場所だな。


20090207.jpg


一目ぼれで2点ほど。
パープルなマスキングテープと、あと、これはなんというのかな。トレー?
何に使おう・・・ゆっくり考えることにします。


それにしても、人間、動けなくなった時、改めて「バリアフリー」という言葉がクローズアップされますね。私の場合、母がすでに足を悪くしていることもあって、少しは理解していたつもりですが、トイレの手すりひとつにしてもあると無いとでは大違い。
偶然にも実家が父の怪我の半年前にトイレのリフォームをしていたのでよかったです。
実家はいまだに下水が通ってない地域なので、浄化槽を取り付け、洋式に変え、手すりをつけるだけでも大工事でした。


「おむつがえスペースがない!」「エレベーターが無い!」「育児手当足りない!」(←これはちょっと違う)
と、常日頃育児目線では考えていますが、介護目線で考えることがこれからは増えてくるのかな・・・なんて思いました。

語りすぎてもなんなのでこの辺で♪

よろしかったら応援クリックお願いします^^

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/02/08 00:12 ] こどもと一緒に | TB(-) | CM(2)

No title

お久しぶりです。
お父様、大分回復されたようで、よかったですね~。
なんだかヒトゴトとは思えない(>_<)

私も母が先月入院しまして、タイヘンでした。
いや、当の母は深刻な病状の割りに意外と前向きなんですが、父が落ち込んでしまって・・・。
歳をとると、いろいろありますが、どうも男性の方が気持ちが弱いのかな?

バリアフリー、うちの実家も昨年「いざというときのために」お風呂やトイレをバリアフリーにしていたところ、タイムリーに母の入院。
虫の知らせだったのでしょうか・・・。

私は実家が遠くて母のお見舞いも父の食事の世話もできずただただ電話やメールで励ますばかり。

のんのんさんはご実家が近い分、タイヘンなこともあると思いますが、いつも前向きで明るくてきっとそんなのんのんさんの姿はお父様のパワーになると思いますよ~。

私もかげながらお父様の更なる回復、お祈りします☆
[ 2009/02/08 11:55 ] [ 編集 ]

No title

>ひささん
お久しぶりです(*^^*)

ひささん、そんな大変なことが起っていたんですね。
お母様、心配ですね。
お父様の精神面も・・・。
確かにこういうピンチというか、試練の時は女性の方がたくましい気がします。
私の父も、それはそれは情け無いくらいに弱音吐きまくりです。
バリアフリー化の後に・・・という話、我が家と似ていますね。
本当、虫の知らせだったのかも、
ただ、お風呂がうちはできなかったので、どうなることやら・・・。
遠くに離れていると、すぐに行ってあげられないもどかしさがありますよね。
でも、優しい言葉ひとつでお父様もずいぶん助けられるはず。
・・といいながら、私は父にとってかなり怖い娘になっているようです(^^;)
お気遣いのお言葉、ありがとうございました。
ひささんも心痛だと思いますが、お母様のご回復をお祈りしています。
[ 2009/02/09 07:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。