スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BOOK、BOOK、BOOK

おはようございます。
今日はいつもより30分早くの起床。
こどもたちもなぜか早く起きてきて、二人でバトルを繰り広げてました。
これだけで一日のエネルギーの3分の1を使い果たしたような・・ショック!

ようやく静かな朝です。

久しぶりに本の話題。

昨日は図書館デーでした。


保育園の先生が、「最近、"すてきな三にんぐみ"という絵本がお気に入りで、今日はリクエストで読んであげたんですよ」
と。

表紙は黒っぽくて怖そうだけど、お話がなぜか子どもにウケているとか。

というわけで、

$nonblo-未設定



借りてきました。
確かにこの表紙のどこに子どもをひきつける力があるのか!?

簡単に言うと、泥棒3人組がせしめたお宝でめぐまれない子どもたちの家を作る・・というお話。
「すてき」ですねー。


私は前回6冊借りて読書疲れしたのと、友達から借りた雑誌がたくさんあるので、この日は借りる予定は無かったのですが、館内をウロウロしてた所


photo:04



なぜか息子が字も読めないくせにこの本を

「これ読んで」

って取り出してきました。
ヤな奴ですねーーー!(笑)

そして近くにあったのが

photo:05



こちらの本。

最近お母さん同士の間で、子どもの金銭教育についての話題が増えてきました。
メンバー変わっても同じようなエピソードが存在するので、そろそろ自分の家のポリシーをもたなくては・・と思っている所でした。

私の周りの親御さんの考え方は主に3パターン


 ◆毎月定額でおこづかいをあげて、その範囲でお買い物をさせている
 ◆お友達に誘われた時にお小遣いを渡している
 ◆まだお金を持たせるのは早いと思っている

それぞれの家の考え方があり、いろんな子どもと遊ぶ環境。
という訳で、こういった金銭教育が書かれてある本を見つけたのは実にタイムリーでした。
年齢も「8歳」と。


この本では、子どもに毎月定額のお小遣いを「給料袋」に入れ、買ったものはレシートをかならずもらい袋に入れていき、〆日に集計&親と反省会をするというものでした。

なかなか面白いやり方だなと思いました。
興味がある方、2週間後に返却しますので、予約されてみてください☆


photo:03



料理、あんまり作りもしないのに、「しょうがにんにくとうがらしねぎにひかれて、きょうの料理も借りてみました。

今回、息子の本が多かったので

photo:01



息子の絵本箱を用意しました。


といっても、昨年のクリスマスに買った、サーティーワンのアイスケーキの箱。
思いつきで入れてみたのですが、これが軽くて紐もついててサイズもちょうど良い!
発泡スチロールなので軽く、廊下でも子どもの力ですんなり運べます。
息子、ズルズルと紐をひっぱりながら、義両親の部屋に行き「読んで」とお願いしていましたにひひ
仮面ライダーやらウルトラマンやら・・ガーン


娘はすでに自分の袋に入れて管理しています。

先月の親子読書は50冊で、クラスで2番目だったそうです。
親子読書・・といっても、1人で勝手に読むのがほとんどですが(^_^;)
子どものうちに、たくさん本を読んで欲しいとチョキ思います

というわけで、今日は金曜日!
もう1日、がんばってお仕事してきまーす自転車

iPhoneからの投稿
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/24 07:33 ] 家事育児 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nonsunnyday.blog27.fc2.com/tb.php/1677-159d05a0







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。