スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旅行日記 その1

日曜日・月曜日と一泊で行ってきた別府。


30年ぶりに杉乃井ホテルに宿泊しました。

私の記憶に残っている家族旅行で一番楽しかったのがここ。

時を経て、自分の子どもたちと来る事ができるなんて、とても嬉しいですねニコニコ



旅行前、杉乃井ホテルを利用された方のブログがとても参考になりました。

友人たちの中でも予定している人が何人かいるので、私なりの記録を残しておこうかな~と思います。

これから予定されている方の参考に少しでもなれば合格



iphoneとデジカメで写真を撮りましたが、デジカメの方は設定を誤り、日付が入ってしまいましたあせる



nonblo


宿泊したのは、本館海側の和室。


nonblo-未設定


春休みということもあって、駐車するのも、チェックインするのも、お部屋に入るのも行列。

14時チェックインと、普通の旅館にしては早めの時間をとってありますが、着いてからお部屋に入るまで30分以上かかったので、もっと早く来ても良かったかなあ。



名物のバイキングナイフとフォーク


レストランの中は撮れなかったのだけど、インターネットなどで見る光景キラキラ、そのままです。

オープンキッチンでシェフが目の前で調理。

目の前でお肉を焼いてくれたり、おすしを握ってくれたり。

その空間にいるだけで楽しい音譜


和洋中、すべて揃っていて、食べ切れません!

欲を出して少しずつ乗せてみましたが、それでもお腹パンパン。




nonblo

料理のほんの一部。




nonblo


こちらはデザート。

ショーケースに入っています。

最初はこの3種類。

この後、ケーキバイキング状態と化し、カロリー無視で載せ続けました。

プリンとタルトが私の中でヒット晴れ



娘は



nonblo

こちらのチョコレートタワーに夢中。

シークリームやマシュマロにつけるのです。

下の汚れ具合が、子どもたちからの人気をあらわしています。


ちなみにこの奥にちらっと見えるのが、見えるのが、デザートコーナー。

ケーキ屋さんみたいでしょ?



nonblo


それはもうご機嫌のぼっちゃん。

フルーツもいっぱい。



ちなみに朝のバイキングの一部



nonblo


こちらも種類がとても多くて、和食・洋食、どちらを選んでも充実。

私は和洋折衷(笑)


オムレツに入れるトッピングを選んで、シェフが目の前で焼いてくれました。


夜・朝のバイキングで食べた量、それぞれ普段の2食分くらい??



館内にはゲームセンターも。


nonblo



nonblo


息子は夫にUFOキャッチャーで仮面ライダー&戦隊ものを獲得してもらって、ごきげんさん。

多分彼はこれだけで、この旅行はもう満足だったと思う。



娘は雑貨屋さんで


nonblo


スイーツデコ体験。



nonblo


うれしそうでした。



そして旅館名物、棚湯&アクアガーデン


棚湯温泉は人が多いにも関わらず、別府湾を見渡せて開放感~。


nonblo


特に棚湯から見る日の出はまんまるのオレンジの太陽が徐々に現れ、その場にいた人皆沈黙。

直前まで聞こえていたお寺の鐘がまた良い雰囲気をかもし出し、感動。


また来年、旅行に来よう。やりくり頑張ろう!と心に誓った私(笑)



アクアガーデンは、時間の関係上、夜、最終のショーに合わせていきました。

子どもたちはとても眠そうだったのでちょっぴりかわいそうでしたが、水波と光キラキラのショーはすばらしくキレイでした。


とても楽しいホテルで子どもたちも大喜び音譜

とにかく人が多い時期に行くと混雑している。でも、娘が小学生になった今、平日に行くのは難しいので、いろいろと時間配分に工夫が必要かな?と思いました。


という訳で次回、より効率よく楽しむために思ったこと


 ◆チェックインは14時からだけど、混雑する時期は駐車するまでが渋滞なので、早めにホテルに着いておく。

 ◆バイキングのオプションメニューは早めにお部屋から予約しておく(今回はシロウオのおどりぐいができたらしいのだけど、売り切れになっていました)

 ◆最初にアクアガーデン&棚湯のセットで楽しむ。アクアガーデンは浮き輪持参で。

 ◆朝も夜もバイキングは早い時間に済ませる。混雑時はファミレスの席まち状態。

 ◆バイキングの後、ゲームセンター&アクアガーデンのショー。

 ◆子どもたちが寝たら、大人だけで交代で棚湯

 ◆朝は早起きして棚湯から日の出を見る

 ◆本館からパレスの移動は迷わずシャトルバス。棚湯までが長~~い道のり。バスに乗るのが手間かな?と思ったけれど、バスはすぐにやってきてくれるのでとても便利。途中からバス利用に変えました。



娘もしっかりしてきて、息子は相変わらずゴソゴソと落ち着きが無いけれど、ちゃんと歩いてくれるので家族旅行が楽しい時期になってきました。娘もこうした旅行がしっかり記憶に残るお年頃。

これから時間が許す限り、たくさん思い出を作ってあげたいなあラブラブって思っています。


遊園地のことも書きたかったけど、旅行記がちょっとお腹いっぱいになってきたので(デジカメ写真はphotoshopで加工してるので面倒なのです・・・)、また後日(^_^;)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/07 13:08 ] こどもと一緒に | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nonsunnyday.blog27.fc2.com/tb.php/1623-e3b69654







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。