スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

子どもに地震のニュースを見せること・・・。

私が購読しているメルマガ。「親力で決まる子供の将来」
http://www.oyaryoku.jp/bn.html
内にて、ぜひ親の皆さんに読んでほしい記事がありました。

反響も大きかったようで、ブログ転載も勧められているので、私のブログにも貼らせていただきます。


この記事を読んで納得したので、ニュースを見る時間を減らしました。

以下すべて転載です。興味のない方はここまで。



**************



親野智可等です。

下記の内容がより多くの方に届くようにとの願いから、1376と1378の内容
を再送いたします。

特に、ブログ、ツイッター、ミクシー、メールマガジンなど、何らかのメディアを
お持ちの方は引用紹介してください。

私へのご連絡は「なし」でだいじょぶです。

お知り合い、保育士さん、学校の先生などにもお伝えください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://archive.mag2.com/0000119482/20110313230627000.html
親力1376より


緊急でお知らせしたいことがあります。

以下は、小児科の医師turubabaさんのツイッターからの引用です。
https://twitter.com/turubaba

ここから~~~~~~~

子供さんのいるご家庭はニュースを見るのはやめましょう。
子供たちの顔を見ていてあげて、話しかけてあげてください。

今は大丈夫でも、後で熱を出したりおなかを壊したりするかもしれません、ストレ
スで。


今日の診療中、ストレスを抱えている子供たちが多数受診。
皆さん、テレビを消しましょう。

せめて、楽しい番組の録画を見せてあげましょう。
みんな目がきょろきょろして落ち着きがなかったです。


診察中、個室でお気に入りの映像を楽しめるのでみんな目がきらきらしていました。
うれしそうにビデオを見ていました。

診察終わっても帰りたがらない子が多いのです。
おうちでは楽しいビデオを見せてあげましょう。
情報はインターネットでどうぞ。

ここまで~~~~~~~

私も同感です。

地震、津波、原発に関するテレビ番組をこの数日間ずっと見ていたご家庭も多いと
思います。


それによって、かなりのストレスを溜め込んでいる子どもも多いと思われます。
子どもたちへのご配慮をお願いいたします。


災害や事故で命をなくしたり家族をなくしたりすることについて、不安を感じてい
る子も多いと思います。


そういうことを話してきたら、まずは「こわいんだね。心配なんだね」と共感的に
たっぷり聞いてあげてください。

その後で、「だいじょうぶだよ」と言って安心させてあげるといいと思います。
抱きしめてあげるのもいいでしょう。


とにかく、安心して安らかに過ごせるようにしてあげてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

http://archive.mag2.com/0000119482/20110315103707000.html
親力1378より

親野智可等です。

3月13日ののメールマガジンで小児科の医師の意見を紹介しまし
た。
http://archive.mag2.com/0000119482/20110313230627000.html


それについてのご感想をいただきましたので、紹介させていただき
ます。


ここから~~~~~~~

「親力で・・・」No1376の内容、はっとさせられました。

同じ日本の中でこんな大変なことが起きているから、目をそらさず
見なくては・・・!と思い週末ずっとテレビを見ていました。


子どもも一緒に、です。
「いつもの番組やらないんだね」という娘の言葉にも、「こんなと
きに何言っているの!」と叱ってしまいました。

でも先生のメルマガを見て反省しました。


大人にもショッキングな映像、子どもの心にはどのように届いてい
たのでしょう・・・

私の周りの親たちにもぜひ知らせたく、ブログに引用させていただ
きます。


ここまで~~~~~~~


日本中の親御さんたちが同じ気持ちでいると思います。

「目をそらさず見なくては。子どもにも見せなくては」という気持
ちです。


こういう気持ちはある意味大切なことだと思います。
でも、子どもについては一定の配慮が必要です。

というのも、子どもは大人と同じようにはいかないからです。
一言で言えば、刺激やストレスに対する抵抗力が弱いのです。


たとえテレビや新聞の映像であっても、その刺激やストレスが過度
になればPTSD(心的外傷後ストレス障害)に近いものが出る可
能性がないとは言えません。


大人にとっても今まで経験したことのないようなショッキングな映
像なのですから。

そして、大人ですら体調がおかしくなったり元気がなくなったりし
ている人がいるくらいですから。


以下はウィキペディアからの引用です。


ここから~~~~~~~


心的外傷後ストレス障害またはPTSD(Post-traumatic stress disorder)
とは、危うく死ぬまたは重症を負うような出来事の後に起こる、心
に加えられた衝撃的な傷が元となる、様々なストレス障害を引き起
こす疾患のことである。

心の傷は、心的外傷またはトラウマ(本来は単に「外傷」の意だが、
日本では心的外傷として使用される場合がほとんどである)と呼ば
れる。

心的外傷後ストレス障害は、地震、洪水、火事のような災害、また
は事故、戦争といった人災や、テロ、監禁、虐待、強姦、体罰など
の犯罪など、多様な原因によって生じうる。


ここまで~~~~~~~

***********************



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/03/19 06:42 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nonsunnyday.blog27.fc2.com/tb.php/1604-4c34a881







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。