スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もう歌はつくれない・・・わけはない

幼稚園の送り迎えは車車です。

BGMは「おかあさんといっしょ」であったり、英語の歌であったり・・といろいろなのですが、同じくらいよくかけているのがオフコース。

好きな歌だけ集めて聴いています。

70年代~80年代の歌ってなんでこんなに癒されるんでしょう。お茶

最近は息子もかわいい歌声で

「き~みをだいて、いいの~」(Yes-No)

と私をときめかせてくれます恋の矢

そして、娘は息子以上にオフコースの曲をマスターしているのですが、最近特に過剰に反応するのが



この曲。

「別れの情景2~もう歌はつくれない」

別離の後の喪失感から、「僕にはもう歌はつくれない・・・」と切ないメロディーに合わせて、小田さんがハイトーンボースで歌うのですが・・・


「もう歌はつくれんって、小田さん、いっぱいつくっちょるじゃんむかっ

と、つっこむ娘。

確かに、この曲は1974年につくられたもので、それから約35年間小田さんは歌を作り続けています。
聴きやすい歌詞なだけに、娘も言葉が頭に入ってくるのでしょう。

歌は覚えても、この気持ちを理解するまではまだまだ月日がかかるのだろうなラブラブ

できれば娘や息子には、こんな詩とメロディーを大切にしたミュージシャンのファンになって欲しいけど、さてさて、お年頃になったらどんな人を好きになるのでしょう。
小田さんのコンサートにも一緒に行きたいな。
その頃は小田さん、古希だな。

ペタしてね
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/17 23:37 ] 家事育児 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nonsunnyday.blog27.fc2.com/tb.php/1228-cee5b664







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。