スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勉強会

今朝は4時起き。
今流行りの4時起きを実践したのですが、5時に息子が起きたのであまり意味が無かったかも。
寝かしつけてまたいろんな作業。
もうお弁当を作る時間(>_<)
やっぱり私は中間起きが合ってるかもしれない。


昨日は娘の教室の勉強会の為、小学校に行ってきました。
小学校の地域コーディネーターの先生とお話する機会ということで、いろんな貴重なお話が聞けました。


教室の特色が特色なので、総合支援学校・特別支援学級・通常の学級に加えて、ことばの教室いわゆる通級指導教室の特徴なども勉強しました。その辺りの話はおいといて、普段の育児に関すること。


我が家はどうしても物がゴチャゴチャしてしまって、娘もお片づけが苦手。
私も苦手。小学校までにどうにかしたい(>_<)って思って、相談をしてみました。

すると、視点を変えたお答えが

「できない」の積み重ねよりも「できた」の積み重ねを作りましょうと。
「できない」という失敗経験の積み重ねをしてしまうと、その子の精神面に良くない影響を与えてしまい、それは積み重ねれば積み重ねるほど、矯正が難しくなります。
いわゆる「ほめてのばす」方がいいそうです。



なので、娘の場合は

5つ散らかしたら4まで親が片付けて1つ片付けさせる。そこを褒める

のだそう。
なるほどなーっと思いました。
私も「片付けなさい」という言葉に疲れてたので、大変参考になりました。

そして、「アドラー心理学」というものをオススメされました。読んでみようと思います。

先生は9歳の壁という言葉をたくさん使われました。
先生のいう事をわりと素直に聞けるのは9歳までで、あとは自分中心で物事を考えるようになるそうです。

小学生になった時の家庭生活の配慮として、

 ・「教える」を重視しすぎない。
  子供の成長には情緒的な力「感じる力、思いやる力、自分の個性を認める力など)を育てることが大切

 ・家庭では子供の個性を大切にする
  学校では集団生活による規律をどうしても強制されるところなので、家ではのびのびと自分らしく過ごす事ができる環境を与えてあげる。子供が自分のペースで動くことを見守る


 ・マイナスの裏にあるプラスを探す
  マイナスの裏にはプラスがある。
   引っ込み思案・・・人に対して優しい
   いたずらっこ・・・元気がよくて活発
  できていることを見逃さないで勇気付ける
  プラスの面を育てながら、「今はできないけどできるようになったらいいね♪」という気持ちを育てる

あとは、できなことを「教えてください」と素直に言えること。そして身だしなみを整える事。笑顔ができること・・・など、人に「声をかけてもらえる」、子供にしていくことを勧められました。



小学校はまだまだ未知の世界ですが、人に素直に助けを求められたり、そして人が集まってくれる・・ということは大切なことだし、私も強く実感しています。
私の場合、頼りすぎ!?(^^;)ですが・・・。
娘はしっかりしすぎてる所があって、幼稚園の先生にも「もう少し頼ってくれたら・・」って言われたくらいなので、もうちょっと甘えさせても良いかなあと(^^;)


現場の空気も知る事ができ、他のお母さん方とコーヒーを飲みながらのお話。
大変有意義な月曜の午前中でした。


20090928.jpg

さて、昨日の晩御飯は息子のショーつき。
早めに食べ終わった息子。
1人でベラベラいろんなことをしゃべりつづけ、しかもポーズつき。
最初は「もうやめなさい!」って止めていた私や義両親も、そのおかしさに笑いが止まらず、最後は私も娘も義両親も、笑いすぎてご飯が食べられないほどでした。

お笑いの血が流れてるのかなー。

「パパはこんなこと無かった。誰に似たのかなー」
って義両親が言ってたけど、私でもない・・とも思うよ?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/09/29 06:31 ] 日常 | TB(-) | CM(4)

お勉強

とっても勉強になる話、ありがとうございました。
でも・・・・(すでに言い訳)
なかなか難しいです~(>_<)
悪いところしか見えないし。
すぐに私はいイラっとしちゃうし(>_<)
見守っていると子供はダラダラするし。
10歳の壁というテレビ番組を先日してました。
9歳も壁なのですか?それなら、9、10歳の壁ですね!
お互い子育て、がんばりましょう!
[ 2009/09/29 23:07 ] [ 編集 ]

>しげちゃん

そうそう、こういうお話って、聞いたときは「なるほどー!実践しようっ」って思うのだけど、ついつい今日もかーーっとなる場面に遭遇しました(^^;)
育児ってそんなもんですよね~
10歳の壁っていうのもあるんですね。
そういえば、私の好きな本は「3歳児神話よりも10歳まで甘えさせて」と書いてあったり。
小学生中学年ぐらいがポイントなのかなー。自分たちの時も小学校4年あたりから変わってきませんでしたか?
お互い子育てがんばりましょう。楽しみながらね(*^^*)
[ 2009/09/30 00:31 ] [ 編集 ]

ねこまるは母ではないから。。。
でも、ママさんも沢山頑張ってますよね~。
私の子供の頃は、ほったらかされて育ちましたが、時代は変わり、そんなわけにもいかなくなりましたよね~。
ママさん!頑張ってください。

こなしのねこまるですが応援していますよ。
[ 2009/09/30 03:25 ] [ 編集 ]

>ねこまるさん

私もほったらかし育児で育ちました。自由でしたねー。
不審者、何それ?の環境でしたから。
今の子供たち・・・少々窮屈かも。
いろんな経験はさせてあげたいです。商店街へのお散歩もその一環です。
人はそれぞれの立場で役目がありますよね!
ねこまるさんからの応援、嬉しいです(*^^*)
[ 2009/09/30 11:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。