スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピエンロー

久しぶりにピエンロー(扁炉)を作りました。

といっても、毎年作っています。


「ピエンロー?なにそれ?」と職場の人やツイ友さんに聞かれたので、覚書として載せておきます。


ピエンローはかつて、妹尾河童さんが紹介されたとかで。

その昔、独身時代に夫と私が知人の「ピレンロー鍋パーティ」に呼ばれ、何人くらいいたかなあ・・・

20人以上はいたと思う、そこで初めて食べてそのおいしさに感激!


夫と結婚した後も我が家の定番料理となっています。



参考にしているレシピは、昔から


居酒屋英二 さんのこちら のレシピ


まだ、ホームページが残っていたことに感激♪


現在は、cookpadもされていて進化してる!


cookpadはこちら


ピエンローレシピはこちら


私も10年前あたり、「のんのんのホームページ」みたいな、ベタなホームページを作っていて、こちらの料理を紹介する際、「リンク」の了解を得させてもらったので、今回も紹介♪

居酒屋英二さん、ありがとうございます♪



音譜音譜音譜材料音譜音譜音譜

photo:01



 白菜   1株
 干し椎茸 50g
 豚バラ  500g
 鳥モモ  500g
 春雨   1袋
 ゴマ油  大さじ4
 粗塩
 一味唐辛子
 ご飯

白菜は芯と葉に分けます。
鶏もも肉と豚バラ肉は食べやすい大きさに。
干しシイタケは水に戻しておきます。(戻した水はそのままダシになるので捨てない)



音譜音譜音譜作り方音譜音譜音譜


photo:02

干しシイタケを水ごと鍋に。
白菜の芯と一緒に煮ます。



photo:03

煮えてきたら、アクを取りながら鶏肉と豚肉を投入。




photo:04

またグツグツしてきたら、ごま油を大匙2たらし、アクをとりながら10分ほど煮ます。



photo:05

10分後、葉の部分を投入。
20分煮ます。



photo:06

煮たら春雨(今回は遊びで元祖のビーフンを入れてみましたが、やっぱり春雨がよい・・)

を入れて、ごま油を大匙2をたらし、なじませて完成!



音譜音譜音譜食べ方音譜音譜音譜


photo:07

まずお椀にお塩と一味を入れます。




photo:08

スープだけ先に入れて、味をみながら調節。
(個人的に塩は多めの方がおいしいと思う・・・体に悪いじゃんとか、そういう野暮なことはこういう時には言わない)



photo:09

スープの味が決まったら、具を入れて「いただきまーす♪」


残った鍋は、スープの味を塩で調節し、ごはんを入れてぞうすいに。
これがまたおいし~のだ♪


と、シンプルながらとてもおいしくて遊べる鍋。
気の合う人たちでどうぞ♪

スポンサーサイト
[ 2012/02/19 09:56 ] 家事育児 | TB(0) | CM(0)

しおこうじ

珍しく、連投♪

今流行りの塩こうじ。
我が家でも作ってみました。

photo:01



スーパーにある200gのものからスタート。

作り方は一番簡単そうだった

コチラ

のサイトから拝借。



photo:02



野菜炒めの味付け。
白菜の煮物
きゅうりの浅漬け
山芋鉄板焼き


photo:03


ハンバーグの味付け


photo:04


手羽元と白菜の煮物
(奥のきのこ炒めは違います、こちらは桑田醤油の丸大豆醤油で♪)

などなど。

軒並みいろんなものに使えますが、まろやかというかコクがあるというか深みがあるというか・・。

「塩麹を使ってる」
という思いこみもあるのかもしれませんが、子ども達にも軒並み好評です。

特に、これで焼いた豚肉のどんぶり。
娘、爆食でした!

気になってる方、まずは一度試されてみては??(*^_^*)




iPhoneからの投稿
[ 2012/02/16 21:13 ] 家事育児 | TB(0) | CM(0)

スマイルアクションプロジェクト

ぺぶるの松原さんがされているプロジェクト。
「スマイルアクションプロジェクト」
の、宮城県南三陸町、岩手県宮古市高浜の猟師さんに送るサンドバッグ作りに参加しています。

日々の合間合間なので、なかなかはかどりませんが、


photo:01



子ども達のエレクトーンの練習を見ながらとか、宿題を目の前でさせながらとか、寝る前に1個とか


photo:03



カタカタカタカタ・・・

nonblo-ipodfile.jpg


目標は10000枚だそうです。

これでワカメ漁のお手伝いができます。


東北の方たちの本当の「自立」は、自分たちの力で生きていくこと。

このサンドバッグが、今後、生きていくための利益に変わっていけるのなら・・。


すばらしい支援だと思います。

作り方は簡単です。
直線縫いがほとんどです。
私みたいに、日中お仕事に行ってても、できます。

仕事をしている身だからこそ、女性が働く意味を考えます。
働きたくても働けない人たちがいる。

働くことを日常としたい方たちのお手伝いになればいいなと思います。


サンドバッグ以外にも、いろんな支援をされているぺぶるさん。

「私も何かしてみたい!」

ぜひ

こちらへ。

[ 2012/02/15 21:26 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。